乃木坂 Route 246を聞いた感想

乃木坂の新曲が発表されたようで、聞いてみたけど、小室哲哉の作曲ということで、やっぱりなんか懐かしいメロディーって感じが否めない感じ。今の時代に合ってるかっていうと微妙。

乃木坂のメンバーが髪の毛にメッシュっていうのか、一部の色変えてたのも違和感というか、ちょっと好きじゃないし。チャラついているのはグループのキャラクターに合わないんだよな。

何よりも一番残念なのは、歌詞かな。wow wowはいらん。手抜きだと感じるのは俺だけか。秋元康にとっては、何千曲あるうちのただの一曲ってことかな。

レンタルサーバー Xserver

乃木坂はAKBと比べると、楽曲に恵まれていない感じはあるような気はするな。やっぱり、単純にグループ増えていろんなグループにいろんな曲を出していく環境だと、作詞にも限界があるということなのかな。

レコード大賞とかとったけど、国民的ヒットみたいな曲は無いに近い状況だと思うね。AKBは関心がない人でも、誰でも聞いたことあるなというレベルの曲が何曲かあるから。白石麻衣が辞めちゃうと、やっぱり落ち目に入っちゃうんかな。3期生、4期生が伸びてきているというような話だけど、本当かなという感じはする。おとなしい感じのメンバーだから、基本的には。遠藤さくらがすごいとか言うんだろうけど、ビジュアルでは同世代の最高レベルの女優さんと比べると劣るし、歌がすごくうまいかというと、そこまでかっていう面はあるし。バラエティスキルがそんなに高いわけでは無いし。

これからが多難だな。なんだかんだ、1期生が強いんだよな、乃木坂は。

(Visited 82 times, 1 visits today)

30代会社員。好きなことを好きなように書いていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。