里見香奈女流四冠が棋王戦本戦進出&プロ編入試験挑戦権を獲得

女流のトップを10代のころから走ってきた里見さん。今回棋王戦予選で男性棋士に5連勝。5連勝の相手には、澤田七段、王位戦で活躍中の池永五段も含まれていて、対戦相手、運に恵まれたという感じではない実力による感じ。

里見香奈女流四冠、女性初のタイトル戦本戦進出 プロ編入受験資格も獲得のW快挙 | ニュース | ABEMA TIMES

女性と男性でなぜここまで差が出るのかは結構謎。里見さんは三段リーグを結局突破はできなかったし、西山さんもできていない。

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

プロ編入試験は棋士番号が若い5人とやるってことになってるんやね。新四段もいろいろだから、ある程度良い基準なのかもしれない。でも、フリークラス編入なんだよな。ここは微妙。新四段で勝率7割って人もいれば、負け越しスタートっていう人もいるからなぁ。だいたいは、若くして上がった人の勝率は高いっていうパターンが多いけど。

里見さんは、ただ実際に挑戦するかは未定とのこと。現実的に男女両方の棋戦に出ていくのは、対局数がえぐいことになるからね。女流トップの棋士としての責任感もあるんだろね。

まぁでも挑戦しても、勝ち越せるとは限らないし(もちろん)、プロ棋士を目指していた気持ちを思い起こしてせっかく獲得したチャンスにチャレンジをしてみてもらいたいね。

(Visited 1 times, 1 visits today)

30代会社員。好きなことを好きなように書いていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。