プロフェッショナル仕事の流儀

久々に見たら、すごいお医者さんを取り上げてた。感じの良い人だったな。腰痛の名医の西良先生。手術シーンが結構流れてたけど、神経のすぐそばの骨をダイヤモンドのドリルで削ってた。技術がすげぇわ。

プロフェッショナルは次世代の教科書を作れる人だって。

かっこえぇな。自分も日々進化してみたいもんだわ。

医学の道ってすごいよな。この先生は31歳まで大学院で勉強してたとか。次元が違うレベルの存在な気がする。家で家族とリビングで会話しながら英語の論文書いてたのが印象的だな。すげぇ人いるなって。

そういう人でないとトップランナーを走れないんかなぁ。すごかった

(Visited 4 times, 1 visits today)

30代会社員。好きなことを好きなように書いていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。