情熱大陸のピアニストの方の回を見て僕が思うこと

情熱大陸で反田恭平さんという、ピアニストのかたを取り上げてた。なんか練習の風景とか、出てたけど、共演者とリハーサルで意見を言い合う風景とか、リハーサルでテンション上がってる瞬間とか見ると、自分とは全く違う世界の人なんだなと痛感。

まず、感性が違うんだろうなと。僕みたいに楽器全く弾けない、音楽もあんまりわからない、歌も音痴で苦手というような人間には感性がついていけない。

ピアノ弾けるって才能なんだろうけど、なんか演奏しながら浸っている感じとか、手つきの特徴とか、体の動きとか、表情とか、自分がもし弾けたらどのような動きになるのかなとか思ったりした。

クラシックで世の中を生きている人がいるんだもんな実際に。いろんな生き方があるよな。人の可能性って、もっといろいろあるんだろうな。

(Visited 2 times, 1 visits today)

30代会社員。好きなことを好きなように書いていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。