藤井叡王への挑戦権は、出口五段VS服部四段の対決に

出口五段は佐藤天九段に、服部四段は船江六段に勝っての、叡王戦挑戦者決定戦への進出!

面白いねぇ、これだけ若いタイトル戦は久々では。。少し調べると、最近だと、斎藤-中村太の王座戦というのが2018年にあったみたいだけど、二人は、もうこのころには十分トップ棋士レベルだったからなぁ。出口、服部の両名はまだそこまでのレベルではない印象というか、強いのかもしれないが、目立った実績は少ないからね。どちらにしても、面白い対決になりそう。

Xserverビジネス

タイトル戦の対戦カードみてると、ここ数年で急激に羽生世代が出ることは少なくなってるんだと改めて実感。藤井聡、渡辺明、豊島、永瀬の時代だね、やっぱり。ここに若手とか斎藤、広瀬、佐藤天、糸谷あたりのタイトル経験者が割り込んでくるか、どうなのか。藤井聡太五冠が八冠に突き進むのか。どうだろね。渡辺、永瀬、豊島よりは、別の人が挑戦者になるほうが、藤井五冠からタイトルを奪う可能性はあるかなと思ったりする。斎藤とか佐々木大地とかのほうが相性が良い気がするし。

叡王戦はABEMA中継があって見やすくて良いな。

(Visited 1 times, 1 visits today)

30代会社員。好きなことを好きなように書いていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。