仕事への意欲の減退

30代半ばになって、会社って、あってるかどうかともかく自分に自信をもって意欲的な計画を打ち出せて、声の大きな人、人を動かせる人が出世して、そうでない人は一生指示されながら、やりたくないこともやっていったりするというもの、やる気のない人もいっぱいいるなというのが明確になってきた感がある。

人を評価する(嫌な言い方をすると人を上に見る、下に見る)のって、そもそも僕は苦手なんだなって思ってて、自分は会社の中では能力的には上のほうだと評価はされてるようだけど、別に出世したいとは思わないなと。

一方で、中途半端な仕事しまくって、人に迷惑かけまくったり、怒られながら日々会社員をするのは違うと思うんで、残業も結構しながら、やってくる大量の仕事と向き合う日々。仕事の時間プラス通勤で一日の半分以上を使ってるのって、どうなんかなと本当に思うよね。60歳でもまだ四半世紀ぐらいあって、25年とか経った頃には、定年は70歳ですとか、定年廃止ですとか言われるような時代になってそうというのが現実に見えてきてるし。

会社で働くのって、そういうやりたいこととかの実現みたいなのと、大多数の人がお金を得るためにやてるわけだけど、僕なんかは入社したときの最初の給料をもらった時から、余らせまくって、その資金で投資してきたら、投資の配当とか利益が生活費を上回ってきつつあるような人間なんで、どこまで働く意味があんのかなと思ってきてる。

子供のときから自分の家の収入は多くはないっていうのもあって、お金を使わない生活って人よりも普通に身についてたから。

例えば、今思いついたこととしては、友人が自動販売機で飲み物を買ったときに一緒にいて、合わせて買うかどうか。

結構多くの人が、本当に飲みたいかどうかはともかく買うって人のほうが多いのでは。僕はあんまり買ったことない。飲み物は子供のころから家で作った、作ってもらったものを持つようにしてたし、持っていない時でも、どうしても飲みたい時でないと買わなかった。もう、このあたりで多くのお金が貯まらないって言ってる人とは少し違うんじゃないかと。

FIREって暇っていうのがあるんだろうけど、それって僕の場合は実際どうなんのかなっていうのは気になる。最近考えることのトップぐらいにくることだな。

月額99円から。WordPressも簡単にインストールできるレンタルサーバー

あとはもし時間ができたら、自分がやってみたいことって何かなというところ。

自給自足みたいなのに近い生活とか。日本中、世界中のきれいなところを旅するような生活とか、自分と似た趣味の人の集まる場所をつくるようなことに取り組むとか。専業投資家で年間1億円以上の収入を目指すとか。何か人の役に立つもの、サービスを売るような小さな会社を作るとか。

とりあえず、もうしばらくは会社員やるつもりですが、数年後どうしてるかは全く不明ですね。

(Visited 14 times, 6 visits today)

30代会社員。好きなことを好きなように書いていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です