佐々木朗希、8回まで完全試合も同点のため降板(なぜ?)

昔の山井の日本シリーズでの完全試合ペースでの岩瀬への継投がすぐに思い出される。あのときのことはのちのち、山井投手の爪が割れていたという話もあったが、、それでも僕は投げてほしかったと思っているほう。日本シリーズで完全試合なんてチャンスは来ないよ、ほんとに。岩瀬が抑えたから継投っていうのも一つの伝説だが。

僕の基本的な考え方は、記録途切れるまでは投げようぜというところ。山井さんだって、爪が割れてても抑えたかもしれないし。打たれて替えても岩瀬がしっかり抑えて終わったかもしれないわけで。

今回も、佐々木投手の球数がとかそういう話があるのはわかるが、130球とかなるわかるが、102球だし、完全試合の次の試合にまた8回まで完全試合することなんて、ほんとに一生ないんではと思う。冗談ではなく。これからプロ野球はずっと続いていくだろうが、本当に一度も起きないと思うね。そういう意味で、今回の井口監督の判断は僕には残念。9回完全で延長戦になったというなら、まだ理解できるが。8回では中途半端だし。

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

9回抑えて、サヨナラ勝ちの可能性も十分あったわけで。実際には、延長戦になったが。。

8回14奪三振ということで、奪三振率が相変わらずだな、しかし。

結局、振り逃げのランナーが出てしまって、継投での完全試合もなくなった。延長で点入ったし。。

凡戦になったな。

解説者が佐々木の完全試合は上沢が止めたって言ってたが、これはなかなかの言葉だったな。上沢も負けず劣らずすごい。

テレビ東京、よく放送してくれた。テレビ東京が一番良いね。特徴を出してるわ。

(Visited 1 times, 1 visits today)

30代会社員。好きなことを好きなように書いていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。